ペンはカッターで削ります

私の取り柄はカッターで鉛筆を止めることです。往時、父さんがじっくり鉛筆を得意げにカッターで削っていましたがセルフは電動の鉛筆削りを使っていました。大人になり鉛筆を取り扱うことがなくなりましたが眉毛を描くアイブロペンを使うようになると、カッターで削ったほうが描きやすいし長持ちするのでカッターを使うようになりました。そうして三男が小学校に向かうようになり初めは独力の鉛筆けずりを使っていたのですが面白がって無駄に鉛筆を控えるので独力の鉛筆削りをとりあげて連日せっせと私がカッターで削った鉛筆をアカデミーにとって行かせるようになりました。三男も高学年になり無駄に鉛筆を削ったり吊り上げる世代もないので独力の鉛筆削りを使ったら?という、勧めてみましたが「婦人がカッターで削ってくれたほうが書きやすい」との点。三男は筆圧が煩わしいので芯を削りすぎると書きがたいようです。それで私もまだ頼まれるという朝からせっせ、せっせと、カッターで三男の鉛筆を止めるのですがカッターで削る鉛筆なんてアカデミー当人さがしても何者独力いないようで、ネーミングを書き忘れた鉛筆も本当に三男のところに戻ってきます。ドクターや同士がみつけてくれても削り方をみて三男のものだと気づいてもらえるようです。三男から見ると今の私は、それほど父親のように得意げに鉛筆を削っているのでしょうね。全身脱毛が安い!おすすめのサロン&医療クリニックはこちら